100円

 稲森さんにとって思い出のコスプレは『はじめてのギャル』の八女ゆかなちゃんなのだそう。「ファンの方から勧められたキャラで、やってみて周りからも凄く褒めてもらえました。でもそのキャラって巨乳なんですよ! 私は胸が小さいので、それを再現するのにめっちゃ苦労しました」と苦笑することにします。

 

「隠すとこは隠して、出すとこは出して、そういう工夫が楽しい」と“コスプレ愛”を語る稲森さん。続けて「レイヤーさんって、100円ショップなどを有効活用して何でも作っちゃうんです」と、レイヤーへのリスペクトを口にする。稲森さんにとってコスプレは「違う人生体験をすること!」だと満面の笑みで語ってくれました。

 

 『究極超人あ〜る コスプレ衣装』は、アンドロイド・R-28号ことR・田中一郎が春風高校の光画部に入部し、ドタバタを繰り広げる。同号では、読み切り漫画も掲載しており、生徒会と光画部W選挙で生徒会長は決まったが、光画部は一体誰に? 相変わらずの無軌道で破天荒な日常を描いた、これぞ『究極超人あ〜る』な1話になっています。

 

前回:

https://pipizhu.hatenablog.com/entry/2018/08/09/171024